いざ!ノイシュヴァンシュタイン城へ…

ノイシュヴァンシュタイン城はルートヴィッヒ2世の空想の世界を現実にした夢のお城でもあります。

▼ ▼ ▼

同性愛者として

プロイセンとオーストリアとの普墺戦争が一段落した頃に、生涯でただ一度の「婚約」ということがルートヴィッヒの人生に起こりました。

同性愛者としてルートヴィッヒはよく知られていますが、父親から受けた厳格教育と母親のカルヴァン主義的信仰の影響もあって、彼自身の女性観というものは非常に極端な理想的なものでした。彼は女性の身体の肉体的な面に惹かれるということは全くありませんでした。彼は、清らかな「聖処女」としてのイメージを女性には求めて、「聖処女」を崇拝してもいました。

すてきなお城を見に行こう

がん 大腸内視鏡で発見された場合、焦る必要はありません。弊院が発見された後も丁寧にご説明・対応いたしますので、不安がある場合などはどうぞお気軽にお話下し・

やっぱり城が好きという貴方へ

彼が一途に思ったエリーザベト

彼は美男で容姿にたいへん恵まれてはいましたが、ほとんど女性と親しい交流などありませんでした。そんなルートヴィッヒですが、たった一人だけ彼が幼い頃から憧れていた女性がいました。その女性はヴィッテルスバッハ家の傍系にあたる、バイエルン公爵家のエリーザベトでした。(日本ではエリザベートとして知られている)ルートヴィッヒよりも8歳年上のエリーザベトですが、すでにハプスブルク家のフランツ・ヨーゼフ帝と結婚していてオーストリア皇后となっていました。ルートヴィッヒがエリーザベトを姉のように慕い続けて、彼が生涯ずっと変わらずに憧れ続けた唯一の女性でもありました。

エリーザベトの母ルトヴィカがルートヴィッヒの祖父ルートヴィッヒ1世と異母兄弟ということで、ルートヴィッヒ本人ではなく、父親のマクシミリアン2世がエリーザベトとは従兄妹という関係ですが、ルートヴィッヒとエリーザベトは年齢が近いということもありルートヴィッヒ兄弟が、幼い頃からエリーザベトたち姉妹とはとても親しい間柄でした。

エリーザベトの性質は、とても自由奔放で活発。そして型にはまるのを嫌っていました。この性質は、父親のマクシミリアン譲りでもありました。エリーザベトは現実から逃避して自分の世界を愛していたので、超がつく保守的なウィーンの宮廷にはなじむことができずに、ウィーンの宮廷で孤立した存在でした。

そのような性格と置かれた環境も、ルートヴィッヒにもエリーザベトはと共通して見られるものだったので、2人はお互いを理解して、共感し合える唯一の存在でもありました。

ルートヴィッヒは自分の世界とワーグナーの世界にしかまったく興味がなく、女性にもまったくといってよいほど関心を示すことはなかったので、王族の義務でもある結婚にもとても消極的でした。そんなルートヴィッヒですが、プロイセンと休戦中だった1866年の夏に、バイエルン公家の屋敷があるポッセンフォーフェンへと通うルートヴィッヒの姿が見られるようになりました。ルートヴィッヒはエリーザベトの妹ゾフィー・シャルロッテに会うためでした。

ゾフィもルートヴィッヒと同じでワーグナーの崇拝者だったので、ゾフィーとルートヴィッヒ二人の共通の話題といえばワーグナーの音楽でした。ゾフィーは自らピアノを弾きながらワーグナーのアリアを歌いあげ、ルートヴィッヒがゾフォィーのアリアを傍らで聞く光景が頻繁に見られるようになりました。結婚して正当な跡継ぎを必ず残すということは、王族として生まれたからには王族としての義務でもあります。同年輩の美しい若者(男)にか興味を示すことはしかなく、女性に対しては常に一定の距離を置かないと接することもできなかったルートヴィッヒにとって、ゾフィーとのやりとりはとても異例のことでもありました。この頃、副官として近くに仕えていた侍従武官パウル・タクシスが、大衆劇場の女優と結婚するために家まで捨ててしまいその結果、連隊に配置換えになりルートヴィッヒの側近くから去っていくといった出来事がありました。彼に対して親愛の情を抱いていた側近の色恋沙汰も、ルートヴィッヒの行動に微妙に影響を与えたのかもしれません。

婚約

ルドヴィカはゾフィー・シャルロッテの母です。ゾフィーの母ルートヴィヒは、親しい三男のカール・テオドアを使者として送りって、ルートヴィッヒにゾフィーとの結婚の意志を確かめました。ルートヴィッヒはまだ自分の気持ちを固めきれていない状態だったので、煮え切らない態度を取りますが、1867年の1月ごろについにゾフィーにルートヴィッヒは結婚を申し込みました。そして、ルートヴィッヒとゾフィーの婚約は公になり、1867年8月25日のルートヴィッヒが22歳になる誕生日に結婚式が行われる予定で準備が進められていきました。

バイエルンの国中で、祝賀会や舞踏会などが次々に催されることになり国中がお祝いムードに沸きかえってる一方で、婚約してから二人の仲は進展を見せませんでした。ルートヴィッヒはゾフィーを一人の女性として愛していたのありませんでした。ゾフィーに憧れの人でもあるエリーザベトの面影を求めていたということと、ゾフィーとはワーグナーについて、思いっきり語り合える相手としてゾフィーを必要としていただけのようでした。ルートヴィッヒとゾフィーは、婚約者として一緒に写っている写真はとてもよそよそしい姿の写真で、たまにゾフィーのもとを訪れるルートヴィッヒの態度は、婚約者に対しての接し方とは思えないほど非常にあっさりとしたものでした。深夜にゾフィーの屋敷を訪れて、来訪のしるしに薔薇の花を置いて帰るだけ・・といったこともあったようです。しまいには公の場でもあるオペラ鑑賞をする時でも、別々の席に座るといった具合になっていたので、周囲の目に映る2人はこのまま無事に成婚にまで至るか?!と疑問に映りました。

気の進まない結婚に向けて、落ち着かない気持ちが反映されているのか、この頃ルートヴィッヒはしばしば旅行に出かけています。4月には母親のマリーに同行してイタリア行きを計画して、6月には弟のオットーを連れてアイゼナハのヴァルトブルク城を訪れています。このヴァルトブルク城は、ルターが「新約聖書」のドイツ語訳を執筆した城としてよく知られていますが、ルートヴィッヒにするとルターのことより「タンホイザー」伝説のゆかりの場所として特別な場所でした。ヴァルトブルク城の「歌人の間」は「タンホイザー」のモデルとなった歌合戦が1206年に行われたとされている場所です。ルートヴィッヒはその「歌人の間」で長時間を過ごして自分の世界に浸り、翌日はヘルゼルブルク山に登山をして「ヴェーヌスの洞窟」を見学しています。

そして7月には、パリで開催中の世界万国博覧会を訪問しています。その当時のフランスを統治しているのは、皇帝ナポレオン3世でした。ナポレオン3世は、伯父にあたる大ナポレオンのようなカリスマ性もまったくなく、もっぱら人気取りの政策に奔走していました。おまけにメキシコ出兵にも失敗していたので、皇帝としての権威は失墜していました。失意の中にあったナポレオン3世は、なんとかこの万国博覧会でフランスの国家としての威信と自分自身の権威を示そうと躍起になっていました。そんなナポレオン3世に、ルートヴィッヒは手厚い歓迎を受けることになり、セーヌ川での舟遊びや観劇のほかにもヴェルサイユ宮殿や修復中のピエールフォン城へも招待されました。ルートヴィッヒは元々フランスの絶対王政に強い憧れもあったのでこのパリ訪問で彼は大きな影響を受けることになり、その後の常軌を逸した城を造る築城熱へとつながっていきました。